FC2ブログ

Tokyo sunny days

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
お友達の紹介で、月に一回お料理教室に通っています。電車で30分くらいの場所にあるお宅で開かれるお教室。6~8人の生徒さんと一緒に家で簡単に作れるちょっとおしゃれなメニューを教わっています。

フランスやアメリカで生活した経験のある先生なので、使う食材や調理器具が日本ではちょっと珍しいものだったり、テーブルコーディネートも板についた感じがします。アメリカに住んだことがある身からすれば、ああ、あれね・・・っていうお馴染みの物もありますが、それはそれで、日本でもこうして使っていけばいいんだな、と参考になります。

これまでにもお料理はあちこちで教わってきたけど、今回のお教室はかなり気に入っています。お料理って本などの独学で伸びる人もいれば、どんどん自分で創作できる人もいる。でも私はどうやら、きちんと習わないといけないタイプみたいです。特にちょっと背伸びした料理は自分だけでは習得し難く、本を買っては幾度となく挫折をしてきました。たった月に一度のレッスンでも後々まで残る財産になるだろうと期待して、頑張って続けようと思っています。

1121.jpg
















初冬のやさしい陽だまり
スポンサーサイト
ボジョレーヌーボーの季節ということで、ワイン好きのお友達主催のワイン会に行ってきました。ワイン会と言っても、ワインが好きな人が集まってワイワイやるだけの会ですが。

主催者が頑張って7本のボジョレーヌーボーを集めて来てくれてブラインドテイスティングをして遊びました。なんとオットが一番当てました!!ビギナーズラックですね!ひとくちにボジョレーといっても、生産者によってさまざまな個性があって、おもしろかったです。

IMGP7648.jpg















今回はボジョレーなどの新しいワインと古いワインを飲みくらべるというテーマがあって、さらに30年前のワインを3本選んでくれました。な、なんと1978年生まれのワイン。

IMGP7655.jpg

IMGP7660.jpg















色が濃紫を超えてキャラメル色みたいになっています。30年モノのワインはこれまでに飲んだことがない味がしました。すごく個性的というか、ワインってこういう味もあるのか、みたいな。人間も30年経てば頑固になったり賢くなったり優しくなったり。ワインもワインなりの30年を過ごしてきたのかもしれませんね。


家から歩ける距離に東京大学があるので、今日はちょっと学内散歩。透きとおるような青空の下、色づき始めた黄葉が映えていました。

IMGP7634.jpg

IMGP7636.jpg

IMGP7645.jpg

IMGP7641.jpg




















安田講堂


IMGP7644.jpg















三四郎池
GetAttachment_convert_20081120105439.jpg





















最近気に入って使っているバスソルトのクナイプ。ハーブを使った自然治療が元になっているとあって、そのハーブの香りになんとも癒されるバスタイムなのです。

ストレスではち切れそうになっていた時に、これに出会って小さな慰めとなっていました。香りごときで癒されるストレスなど、ストレスのうちに入らない!と体育会系ストレス保持者だったのですが、アロマセラピーが巷で話題になるのも納得。香りって本当に心のコリをほぐしてくれますよ~。

バスソルトなだけあって、選び抜かれた岩塩が身体も温めてくれます(今はまだ気温が高いのであまり実感してないが)。これからの季節は重宝しそうです。


回転IMGP7612





















ここ10日間で3つの展覧会に行ってきました。どの美術館もイチオシの企画を秋にもってくるので、逃さないようにするだけで大変。

東京国立博物館の「琳派展」は会期終了ぎりぎりにすべり込みで見てきました。琳派ってのは、分かりやすい美しさなのでいつでもどこでも本当にいっぱいの人が集まりますね。今回のも入場制限必至だったので、朝一番に駆け込んできました。それでも会場はまあまあ混んでましたが、観終わって出てきたら、案の定入口の外には長蛇の列が。早起きした甲斐がありました。

たばこと塩の博物館での「近世初期風俗画 躍動と快楽」展は小さな企画展ではありますが見応えばっちりです。江戸初期の屏風が大好きって言うと、何それ?って思うかもしれませんが、私はこれのかなりのファンであるので、熱の帯びたまなざしで食い入るように観てきました。この博物館はこじんまりとしているので、名品が間近にみれてオススメです。

最近はマイナーと同じような意味で「ニッチ」という言葉を使うようですね。(本来の使い方とちょっとニュアンスが違うような気もするけど。)先日、その「ニッチ」がマイブームになっている人に、私の研究とか趣味とかに対して、ことごとく「ニッチだね~」と言われてちょっとムカっ。本人は褒めてるつもりだったのかもしれませんが、ニッチってなんだか上から目線な発想ですよね。



最近、マイブームは夜散歩。

その前段階として、オットの万歩計ブームがあります。今、1万歩歩くことに熱中している彼は、帰宅してまだ1万歩に到達してないと、夕食後にその残り分を歩こうとするのです。それに私もご一緒してあげるわけ。

10時半ごろから部屋着の上からフリースをひっかけて、15分ほど、近所をうろうろ。いつも通る道も夜だと雰囲気が違ったり、静かな路地のまた奥の路地を見つけてまたその奥へとクネクネしてたら思いもよらない方角へ出たり。1人だと暗くて怖いけど、2人でなら平気かも。

暗い外を歩いて明るい部屋に戻ってくるとなんかポカンとした気分になりますね。しばらく別世界に行っていたような、時が止まってたような不思議な感覚。そのまま熱いお風呂に入ってゆっくりと身体を伸ばすと、そのまますぐにでも寝られそうなのんびりした気分になります。

秋の夜長。小さな楽しみをみつけました。


再露出IMGP7588




















そろそろ都内でも色づいてきた?
週末の発表は、無事に(何を以って無事というのか分かりませんが)、とにかく想定外のことは起きずになんとか終えることができました。応援してくださった方ありがとうございました。

そんなわけで急に脱力の日々です。気が付くともう11月も10日が過ぎて、季節も急いで過ぎていきます。あれっもうこんなに寒くなってるの?!

昨日は、早速お友達と展覧会に出かけたりしてリフレッシュ&リラックス。久しぶりに街に出て、もうクリスマスのイルミネーションが始まっていることを知りました。もう、年末の足音がしているのですね。もっとのんびりしたかったのになぁ。


IMGP7572.jpg
















こんな季節はネコでも抱っこしてぬくぬくとしたい。
週末に発表を控えてすごくブルーな毎日です。

数年前にも発表をしたけど、その時のことって、昔過ぎてあまりいろいろと思い出せないで今日までいました。

だけどさっき昨年発表した友達から、昨年の様子をあれこれと聞かされて、そうだった・・発表って、そんなイヤなこともこんな大変なこともあったよね・・ってリアルに思い出してきて、今、もう本気でへこんでます。あぁ、思い出したくなかった。。。

それと同時に、忘却って何よりの救いだなと思いました。あんなにダメージ受けても今日の今日まで忘れてたんだから。人間ってすごいですね。

今回の発表も早く忘却の彼方に消えてしまってほしい。夕焼けがやけにきれいに見える夕暮れでした。



1030.jpg
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。