FC2ブログ

Tokyo sunny days

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今ブームの「食べるラー油」を入手しました。京都ホテルオークラ製だそうです。せっかくいただいたのだから、さっそく味見を。

においは、焼き餃子を焼いた後のフライパンのようなにおい。少々香ばしさが強いです。味は干しエビが効いて風味があり、舌触りはジャリジャリとしてます。辛くはなく、塩味が強い印象です。

ご飯に載せるのが一番オーソドックスとのことですが、私はご飯が油にまみれることがどうしても受け入れられず、あまりエンジョイできませんでした。今後どういう風に使ったよいのか・・誰か妙案はありますか。


IMG_1333_convert_20100430122103.jpg
スポンサーサイト
職場の雰囲気を適切な擬態語で表せと問われたら、「ギスギス」と即答できる今日この頃。今に始まった話じゃないのでここはスルーすべきところなのですが。

そんな仕事帰り、駅のコンコースにDVD即売の出店があって、思わず買ってしまったディズニー映画。ディズニー好きの妹の影響もあって、なんとなくそういうモードだったのもあったのでしょうが、ここまで癒しを求めていたとは!

この日はオットが夜ごはん外食の日だったので、家で1人でご飯食べながら「白雪姫」見ました。この映画、1937年作ですが70年前のものとは思えない完成度で、ディズニーの原点ここにあり!という感じで楽しめました。7人の小人のドタバタシーンが20分くらい続いて、さすがに子供心を失くした身には長~く感じられましたが。

「不思議の国のアリス」は次回の1人夜ごはんの時のお楽しみということで。あ~「シンデレラ」も買っておけばよかったなぁ~。

IMG_1340_convert_20100430163832.jpg





















きっと東京だけじゃないのでしょうが、毎日すごい寒暖の差で頭がまとまりません!着るものはもちろん、食事、寝具、お花の手入れまで右往左往させられて、日常生活にもかかわらず、こんがらがってます。気温っていろんなことに影響しているのですね。その時の気温にしたがって、冬モードな私と初夏モードの私がいるので、濃厚チョコが食べたくなったり、アイスが食べたくなったり気分の揺れ幅の大きさに自分でも困ってしまいます。

さて、昨秋からオットのお下がりのipodを使っているのですが、どうもイヤフォン運が悪いらしく・・。最初に買ったのは半年経たないうちに片側しか聞こえなくなり、保証期間内だったようですが、保証書を保管してなくて仕方なく買い替えることになりました。しかし次のイヤフォンは私の耳にぴったりするパッドがついていなくて、小さめのパッドにすると耳が痛く、大き目のパッドにすると耳栓をしているみたいに空気がこもり、コードが揺れるたびにガサガサと響き、自分が呼吸する音までよく聞こえて音楽に集中できません。

かばんの中でコードがぐちゃぐちゃになるのが嫌で(何でもぐちゃぐちゃになりがちな質なので)コードが巻きとれるタイプを選んでいるのですが、意外とこのタイプは少ないのです。大型電器量販店でくまなく探したけど、私が買った2種類しか今のところ見つかっていません。どうして?とっても便利なのに~。

オットに話したら、オットのは微妙にコードの長さが足りなくて、本体をカバンに入れてると時々耳がひっぱられてしまうとのこと。それを文句言わずに使っているのだから、エライなぁ~。ベストなイヤフォンに巡り合うのは誰でも難しいことのようです。


和菓子はもう初夏
IMG_1325_convert_20100423125231.jpg
最近(・・でもないか)オーガニックに着目し、自然栽培の野菜を素材にしたお料理を提供するレストランが増えてきました。小さなサラダでも「契約農家で作った有機栽培の野菜です」と言われてテーブルに載せられると、なんとなく野菜の滋味をありがたく感じてしまうので、先入観ってすごいです。

この前行ったレストランは、自然農法にこだわっているお店が始めたレストランで、きっとおいしい野菜がたくさんといただけると期待してました。
山芋、なす、じゃがいも・・と野菜をふんだんに盛り合わせたプレートと、釜で炊いた玄米。田舎のお昼ご飯を再現といった風で、そのコンセプトは了解したのですが・・。はっきり言って、不味い。

まず農家直送の新鮮野菜を扱っているわりには、季節感がまったくない。盛りつけ、見た目も全然よくない。それと野菜自体はおいしい(のだろう)が、料理が下手。辛い味噌が乗っていたり、カレー風味になっていたり、醤油に漬け込まれていたり。野菜本来の味が消えてしまって、調味料の味しかしない。素人が作ったとしか思えない味付けにがっかりでした。

これで予約が取れない店として有名なのだからビックリです。いくら素材が良くても活かせる技術がなければこんなことになってしまうんだな、と妙に納得してしまいました。



george.jpg





















もう食べれない~
時間がぽこっと空いたのでネイルトリートメントへ行ってみました。今時ネイルは標準仕様ですが、ネイルが流行り始めたころ、私は非常勤で学校で教えていたので、ネイルなど華美なことはできず、その流行に乗り遅れたまま、ずっとネイルからは遠ざかってきたのでした。

でもそろそろ自分だけのメンテナンスでは限界があり、そして何よりも手先足先にこそ年齢と生活感が表れるような気がして、妹に教えてもらったサロンへ行ってみたのでした。そうしたら・・ネイリストも絶賛の健康な爪だそうです。あ、そうですか。それはよかったです。。

爪の形を整えてもらって表面を磨いてもらって、たったそれだけですが、チラチラと視野に入る指先を見るたびにちょっと満足。ネイルにはまる人の気持ちがわかる気がしました。いつも目に入る部分がキレイって素敵なことですね。こんな小さなことで幸せな気分になれるのだから、まったく単純だなぁと自分でも可笑しくなりました。

IMG_1198_convert_20100408210603.jpg





















桜もそろそろ散ってきました
御名残四月大歌舞伎へ行ってきました。チケット争奪激戦を突破してなんとか見に行くことができました。今月の公演を最後に歌舞伎座は新しく建て替えられます。

今月は配役も豪華で見ごたえたっぷり。その中でもやっぱりおさえておきたい「助六由縁江戸桜」は本家本元の団十郎の助六とあって、客席は大盛況。

助六はこれまでに仁左衛門と海老蔵で見たことがありました。どちらも背が高くてすらっとしているのでそのシルエットが助六のイメージでしたが、団十郎は若干メタボ体型なので、花道から登場してきた時は「ペンギン!?」って思いました。だって小袖は黒いし、足袋は黄色いし。・・なにはともあれ、大病から快復してよかったですね。

玉三郎に仁左衛門、勘三郎に三津五郎と豪華俳優が脇を固めて、文字通りのに賑々しい舞台となりました。新歌舞伎座は2013年の春に落成予定。それまで歌舞伎座とはしばしのお別れです。思えばもう何十回と通ったなぁとしみじみ。子供のころから舞台に立っていた俳優さんたちはもっと思い出が詰まっていることでしょうね。御名残、御名残。

IMG_1283_convert_20100408210640.jpg


あいにくのくもり空でしたが、埼玉県幸手市の権現堂堤まで遠足してきました。もうすぐそこは茨城県という遠さ。電車を乗り継いで1時間半くらいかかりました。

ここは大正時代から桜の景勝地と知られていたようです。今では土手に菜の花が植えられてとても可愛らしい景色を作っています。桜だけなら都内でも堪能できますが、権現堤は広々としたのどかな春を体で感じられる場所でした。

せっかくなので、とお弁当を作って行きましたが今日は冬の寒さが戻ってきていて落ち着いてピクニックできる気温ではありませんでした。おまけに風向きによっては菜の花畑の肥料のにおいが漂ってきて・・ムム。それでも桜の下はお花見の宴会の輪でいっぱいでした。

s-IMG_1266.jpg

















s-IMG_1280.jpg
家の前を流れる石神井川沿いの桜が満開を迎えました。
s-IMG_1235.jpg
















枝が大きいので川面(というか川底)に届きそう
s-IMG_1238.jpg

















住宅街なので普段はひっそりしてますが、今日はみんな桜の下に集まってきてます。それでもこの程度の人出。かなり穴場ではないでしょうか。今日は家から豊島園まで、川沿いを往復して5キロ以上歩きました。
s-IMG_1248.jpg
パソコン、1年前の4月終わりごろに購入したのですが、買った当初から調子が変で、コールセンターに電話したところ、原因は不明だけど、とりあえずハードディスクの再セットアップをしてみてと言われました。言うとおりに粛々と頑張って(そもそも電話して、作業して・・こういうのってすごい頑張らないとできないよね?)なんとか普通に使うことができるようになりました。

それから半年もたたないうちに、今度はシャットダウンできなかったり、電源入れても立ち上がらないということがしばしば起きるようになりました。時期がちょうどiphoneを買った頃だったので、その接続のせいかとしばし様子をみてみることに。それでもずっと同じ症状が続くので、耐え切れず奮起してもう一度コールセンターに電話・・。

そうしたら、また再セットアップを勧められたので、ついにキレました。何回再セットアップさせるんだと。そもそも最初から再セットアップしないと使えなかったんだし、2度目はそちらでしてほしいと。

その後、パソコンは修理センターへ送られて、ハードディスクの故障と診断されました。ハードディスクは無償で交換されるそうです。やっぱり最初から不具合があった製品だったのではないかと疑わずにはいられません。幸い保証期間内だったし、データの損失などのダメージがなかったのでまだ良かったけど~プンプン!

再セットアップでなんなんでしょう?これに誤魔化されて根本的な修理を後延ばしにしていたのような気がしてならないのですが。今回のケースはたまたまなのでしょうか。



夕日に輝く桜沿道
s-IMG_1202.jpg








| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。