FC2ブログ

Tokyo sunny days

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
7月ももうすぐ終わりです。いろいろあったのですが、書く時間がなかったのでここでまとめて。

先月から出張続きだったオットが、今月はシンガポールに出張だったのでその間、母に上京してもらいました。特になにをするわけでもなかったのですが、妹もやってきて、ひたすらガールズトークして楽しかったです。オット以外の大人と話をするのってあまりないからなぁ。ママ友は子供の話ばかりだし。

昨年は雰囲気にのまれて歩くことすらできなった盆踊り。今年は櫓の上に乗ることができました。でもお囃子に合わせて踊るのは来年かなぁ~。太鼓をさわらせてもらったり、夜店のキラキラのスーパーボールをながめたりしました。この時期はあちこちで夕涼み会、納涼会があって、小規模ながら打ち上げ花火が上がるものもあり、ベランダから見ることができました。カズは毎日上がるもんだと思ったようで、毎晩外に出たがるので困っています。

先月あたりからおしっこの時に股を押さえて教えてくるようになってきたので、ゆる~くトイレを教え始めました。でも実際にトイレで出たのは1回だけ。最近は面倒がってトイレに行きたがらず、ここで無理強いしてこじれさせてもいけなので、トイレは1日1回程度座らせるだけにしています。ゆるゆると続けていくつもりですが、はたしてゴールはいつになるのか?!

DSC_0296.jpg




















工事現場から動けず


スポンサーサイト
梅雨明けの猛暑の週は毎日遊んでいたビニールプールですが、最近涼しい日が続いてたので久々の登場となりました。今日は昼間は暑く、夕方はゲリラ豪雨でおかしな天気でした。カズは雷を覚えたばかりなので雷鳴が聞こえるとうれしいみたいです。

プールといえば、駅前にあるジムでベビースイミングクラスの体験レッスンをしていたので、水遊びの一つと思えばいいかと、行ってみることにしました。ほとんどが1歳前後の小さい赤ちゃんでびっくりしたのですが、水は赤ちゃんにとっても気持ちいいみたいでみんな泣かずに喜んでいるようでした。カズもリラックスして楽しんでいて、これで水への恐怖心がなくなればいいなと思っています。

大変なのはお母さん。混雑する更衣室で自分と子供の着替えをしないといけないので、毎回戦場のようになっています。特にレッスン後は泣く子が多くまさに阿鼻叫喚。これを毎週は耐えられない~。3歳になったら1人でレッスンに参加できるので入会はそれ以降に考えてみようと思います。

DSC_0461.jpg
突然暑くなり、それがずーっと毎日続いて、現実とは信じがたい毎日です。「トースターの中に入ってるみたい」ってオットに言ったら「入ったことあるのか」と正統なツッコミいれられました。

まだ暑くなる前に、図書館に行って絵本を借りてきました。カズがどんな本を気に入るか分からないので片っ端から絵本を広げて、これは!と思うものを数冊借りてきたのですが、実際家でじっくりと読ませると、気に入ってくれたのは2冊くらいで、なかなか難しいもんです。でも2冊ヒットしただけでも良かったかな。ちなみに「おおきなかぶ」と「こぐまちゃんのみずあそび」がお気に召した様子でした。カズはこぐまちゃんシリーズはわりとどれも好きなようです。

さて、本を選んでいる時に「あれ?!これは本物だ・・」と胸がドキっとした本がありました。なんとなく借りずに帰ってきてしまったのですが、その後もその本が頭から離れず、ネットで検索したきたら・・出てきました。

荒井良二作「たいようオルガン」
DSC_0291.jpg




















私が疎いだけで、実はNHKのプロフェッショナルで取り上げられたりするような有名な作家さんでした。もう一度じっくりと読みたいと思いその場ですぐアマゾンで購入し、今手元にありますが、何度見てもすごい絵本です。子供だった頃の感覚がよみがえるというか、心が地殻変動起こして、忘れていた感覚を呼び起こすというか。そもそもその場で借りなかったのも、カズが怖がるかもしれないと思ったからで、それくらい私に直接的に響いてくるのです。他の作品は知りませんが、たくさんの賞をもらっている有名な作家だというのは、やっぱりなぁと納得できました。

情報が氾濫している昨今、人気だよって聞いてから手に取ったり、おいしいよって教えられて食べてみたりと自分で判断する機会が減ってきているように思うので、自分のアンテナでいいものを探しあてられたっていうのはちょっとうれしかったです。





小学生のお子さんがいるお友達が、もうブームが去ったとのことで、電車のおもちゃを段ボールいっぱい送ってくれました。カズは大喜びで何時間もモクモクと電車を走らせて遊び、届いた日はなかなか寝れないほどの夢中ぶりでした。念願の新幹線N700系や、ファンの多い500系、それに連結できる新幹線なども含まれていて、私も一緒に楽しんでいます。

もう遊ばなくなったとは言え、これだけのコレクションを手離すのは、その頃の思い出も手離すようで寂しかったことと思います。うちもカズが遊ばなくなったガラガラのおもちゃとか、噛みほぐされた本などもまだ全部捨てないておいてあります。捨ててもいいんだけど、なんとなくねぇ・・。

2歳児は寝そべって目線を電車に合わせて走らせるのがお決まりのようで、どのお母さんに聞いても「うちもやる」って言うから面白いです。もう少し大きくなったらやらなくなるらしいので、期間限定ポーズを記念にパチリ。


DSC_0284.jpg
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。